妊娠線 できやすい体質をタイプ別に解説※予防ケアは必須です

妊娠線ができやすい体質がある

 

 

「できれば妊娠線はつくりたくない」

 

 

これが妊婦さんたちの本音でしょう。

 

 

“妊娠線は母親の勲章” などと言われたりもしますが、身体にコンプレックスにもなりかねない傷跡は残したくないですよね。

 

 

できてしまうと消すことが難しいと言われる妊娠線

 

 

その妊娠線ができやすい体質というのがありますから、当てはまる人は、より一層の注意が必要になります。

 

おすすめの妊娠線予防クリームはこちら

 

 

 

妊娠線ができやすい3つのタイプ

 

  • 成長期に肉割れができたことがある人
  • 乾燥肌の人
  • やせ型・小柄な人

 

以上のタイプの人は妊娠線ができやすいと言われています。

 

 

肉割れと妊娠線は、同じ仕組みでできるもの。

 

 

特に身体が大きく成長する中学生〜高校生の時期に、肉割れができてしまうことが多いようです。

 

 

特に太ったわけでもないのに、気がついたら肉割れができていた・・・というパターンが見られるのが、この成長期なのです。

 

 

乾燥して柔軟性のない皮膚は、ひび割れてしまいやすく、妊娠線・肉割れともにできやすい状態だと言えます。

 

 

乾燥肌質にも関わらず、妊娠中の保湿ケアを全くしていなかったという女性ほど、妊娠線ができる可能性が高いというデータもあるのです。

 

 

また、妊娠中はホルモンバランスの崩れによって、肌質が変化しやすい時期です。

 

 

普段は潤い肌をキープしていても「妊娠線ができる可能性はゼロではない」と、認識しておくことが大切になります。

 

 

スレンダーな体型だったり、体格が小柄な女性も要注意です。

 

 

妊娠による体型変化は誰にでもあるものですが、細身・小柄な人ほど、その落差は大きなものになるからです。

 

 

妊娠中には、お腹はもちろん、バストもどんどん大きくなりますから、もともと胸のない人は胸周りにできる妊娠線もケアしておいたほうがいいでしょう。

 

 

 

後悔しないためのプレケアを!

 

繰り返しますが、一度できた妊娠線はあとが残り、なかなか元に戻りません。

 

 

多くの女性が後になって、肌ケアしておかなかったことを後悔しているのです。

 

 

そうならないためにも、早めに妊娠線クリームなどで保湿を始めて、プレケアしておくことは必須です。

 

 

妊娠が判明した時点で用意を始めて、遅くとも、お腹が大きくなり始める妊娠4ヶ月ごろには肌ケアをスタートし、万全の態勢で挑みましょう。

 

 


私が効果を実感した妊娠線ケアクリーム “ノコア”

 

 

 

 


 
トップページ ノコア (nocoa) AFCマタニティクリーム 妊娠線予防 サイトマップ