妊娠線を消すためのレーザー治療・サーマクールという方法

妊娠線 消すためのレーザー治療・サーマクールという方法

 

お腹やお尻、胸、ワキなどに目立って残る妊娠線。

 

 

その傷跡のような妊娠線を消すために、美容整形手術を考えている女性もいるかもしれません。

 

 

妊娠線クリームを使った地道なケアで、妊娠線をかなり目立たないようにできた私ですが、整形手術を受けたほうが簡単だったのかな?と考えることはあります。

 

 

結局“手術”という響きが怖かったのと「費用が高くつくだろう」という考えから、皮膚科やクリニックにいくことはありませんでした。

 

 

ですが、今現在、肌の上に残った妊娠線に悩んでいる人にとっては

  • 妊娠線を消す手術とはどんなもので
  • どのくらいの料金になるものなのか?

は気になるところではないでしょうか?

 

おすすめの妊娠線ケアクリームはこちら

 

 

 

主流は光エネルギーを使った治療

 

私の調べたところでは、最新の妊娠線治療としてはレーザーなどの「光エネルギー」を利用して行うものが主流になっているようです。

 

 

私はレーザーと聞くと、光線で皮膚を焼いて・・・切って・・・というものなのかな?と想像していたのですが、そうではないとのこと。

 

 

サーマクールという治療法が、特に効果が出やすく実績のある方法になるようです。

 

 

サーマクールは皮膚の表面に微細な光エネルギーを当てていき、皮膚のコラーゲンを活性化させ、肌の再生を促し、新しい皮膚に入れ替えるというという治療法。

 

 

レーザーよりも強力な「ラジオ波」を利用するものの、機器を当てても肌が受けるのは細かな振動だけ。

 

傷みなどはほとんどないと言います。

 

 

もちろん傷跡の状態や、肌質によっては痛みが出ることもあるので、そんなときには麻酔を使って痛みを抑えていくそうです。

 

 

サーマクールを受ければ、妊娠・出産でたるんでしまった皮膚を引き締め、収縮させることができ、そのうえ美肌効果もあるとのことです。

 

 

ただし、ゆっくりと時間をかけてコラーゲンを再生させる方法になるため、治療のために何度かクリニックに通う必要があると言えます。

 

 

 

気になる費用は?

 

サーマクールの最大のメリットは、切らずに治療が行えることでしょう。

 

 

妊娠線のような傷跡や、年齢肌の悩み(顔のたるみ・しわ)などにも幅広く対応しています。

 

 

安全性が高く、お肌をキレイに修復してくれる方法ということで、多くの女性が注目している美容治療になっているようです。

 

 

そのサーマクールにかかる費用ですが、いくつかのクリニックを比較したところ、お腹のみで20万円前後が平均の治療費となっていました。

 

 

そして、妊娠線の大きさや深さによって、エネルギーの照射時間と回数が変わるため、金額は上下するということです。

 

 

決して安くはないですね・・・。

 

 

ただ、認定医師のもとで安心して受けられる治療なので、このくらいが相場なのかな?という気はします。

 

 

 

まとめ

 

今回、妊娠線治療について改めて調べてみて感じたのは「まず妊娠線クリームを試してみて良かったな」ということ。

 

 

クリームを使った肌ケアなら、サーマクールなどの治療に比べて、かなりお財布に優しいです。

 

 

私が妊娠線を目立たない状態にするまでにかかった金額は25,000円ほどでした。

 

 

まだ子供が小さなうちは、いろいろとお金がかかります。

 

急にどんな出費が発生するかもわからないですし。

 

 

まずは効果が期待できそうな妊娠線クリームを使ってみて、ダメだったときに改めてクリニックで治療を受けることを考えてもいいのかな?とは感じます。

 


私が効果を実感した妊娠線ケアクリーム “ノコア”

 

 


 
トップページ ノコア (nocoa) AFCマタニティクリーム 妊娠線予防 サイトマップ