妊娠中にダイエットしても大丈夫?

妊娠中にダイエットしても大丈夫?

 

妊娠中の体型変化・体重増加は、美意識の高い女性にとってはネガティブな要素となるようです。

 

 

妊娠をしている時はお腹の赤ちゃんの成長に合わせて体重が増えるものですが、妊婦さんがダイエットをして体重を絞るというアプローチは、あまりおすすめできません。

 

 

ダイエットのための無理な食事制限や激しい運動は、妊娠中の体にはマイナスにしかならないからです。

 

 

また、胎児の成長のためにもよくありません。

 

 

 

おなかの赤ちゃんへの悪い影響

お腹の赤ちゃんが育ちすぎないほうが出産時の負担が少ないという意見もあるようですが、これには同意できません。

 

 

近年、低体重のまま生まれてくる子供たちが増えていることが問題となっています。

 

 

そのような子供がのちのちに発育不良になったり、合併症を引き起こしやすい体質になってしまうという報告もあるのです。

 

 

また、母胎の中にいるあいだに十分な栄養分が供給されなかった子供は、肥満になりやすいということも言われています。

 

 

妊娠中に体重が増えるのは胎児保護のためや、もしもの時にそなえてカロリーをためておくためだ認識しておく必要があります。

 

 

特に妊娠後期になると胎児の成長度合いも大きくなるため、そのときにため込んだカロリーが必要になるものです。

 

 

ですから、妊娠中は身体を絞るということではなく、体重を増やしすぎない意識を持つことが大事になります。

 

 

 

「適正体重」だけを鵜呑みにするのは危険

太りすぎることで起こる妊娠中毒症や、妊娠糖尿病の心配もありますから太りすぎてしまわないための努力は必要になってきます。

 

 

産婦人科などの医療機関から、どのくらいのスピードで体重を増やしていくべきかの指針を指導してもらいましょう。

 

 

ただし、医師から伝えられた標準的な体重を超えてしまったことを気にしすぎるのもよくありません。

 

 

医療機関が示す「適正体重」は厚生労働省が出している、あくまでも一般的な目安です

 

 

ダイエットをすることなく、健康的な食事や適当な運動をしていた結果増えた体重であれば、母体・胎児にとっての適正体重ということもあるのです。

 

 

母体の状態や胎児の成長度合いによって、適正な体重は変化するものですから気にしすぎはやめましょう。

 

 

 

無理のない体重制限を

妊娠中に一番大事なことは無理をしすぎないことです。

 

 

まずは太り過ぎにならないように体重の上昇度を意識すること。

 

 

それから規則正しい生活をすること、食事の量と栄養を調節することを心がけていきましょう。

 

 

身体にそれほど負担のかからない家事や、近所への散歩などで適度に身体を動かす習慣を維持することで、運動不足の解消につながります。

 

 

食事面では、やはり和食中心の食生活がおすすめになります。

 

 

和食であれば、しっかりと満足できる量を食べながらもカロリーの調整がしやすくなるというメリットがあります。

 

 

魚類・豆類・野菜類などをまんべんなくメニューに取り込めるのも和食献立の利点です。

 

 

妊娠中は糖分と塩分は控えめにしたいところです。

 

 

糖分、塩分の摂り過ぎは、体内の水分量を減らしてしまいます

 

 

それでなくとも妊娠中はお腹の赤ちゃんの分の水分も必要となりますから、水分不足になりがちです。

 

 

身体に十分な水分がないと、便秘なども起こりやすくなってしまいます。

 

 

妊娠中の大事な時期はダイエットも禁物、気にしすぎも禁物です。

 

 

ですから、無理しないように出来る範囲で体重を調節していくようにしましょう。

 

妊娠線予防 体重増加を防ぐとっておきのアイテムをご紹介!

 

 

>>妊娠線消す トップページへ


 
トップページ ノコア (nocoa) AFCマタニティクリーム 妊娠線予防 サイトマップ