妊娠線予防 いつから始める? | 妊娠線ができる3つの時期

妊娠線予防 いつから始めるのがベストなの?

 

 

最近では妊娠・出産についてのいろいろな情報が手に入りやすくなってきました。

 

 

妊娠や育児の専門雑誌も多数出版されていますし、インターネットも妊婦ママさんの疑問解決に役立っているようです。

 

 

そして、そうやって事前情報が入ってくるようになると、多くの妊婦ママさんの心配事のひとつとなるのが妊娠線のことではないでしょうか?

 

 

いろいろなメディアで妊娠線予防のケア方法やケア商品も紹介されてはいますが、
「予防ケアを始めるべきタイミングがわからない」という女性は少なくないようです。

 

 

「妊娠線が残ってしまえば、きっと後悔することになる・・・」
「予防する気持ちは万全!」

 

 

そんなママさんたちは、妊娠線予防ケアをいつから始めればいいのでしょう?

 

妊娠線予防クリームランキング

 

 

 

妊娠線が起こりやすい3つの時期

 

出産経験者、それも「妊娠線ができてしまった・・・」という女性たちの経験談を聞き集めたところ、気をつけるべき時期は3回に分かれるようです。

 

 

1.妊娠初期
2.食欲が増大する時期(主につわりの後〜)
3.出産直前

 

 

この3つの時期に妊娠線ができた(でき始めた)という女性が多くいました。

 

 

妊娠初期

妊娠初期には、妊娠中期〜後期ほどの体型変化があるわけではありません。

 

 

それでも平常時の体つきからは確実に変化していくわけですから、油断は禁物です。

 

 

妊娠線予防は妊娠4〜7ヶ月目からで良いとする意見もあるようですが、経験者の話を聞いてみたところでは、そのことを鵜呑みにはできないというのが実感です。

 

 

妊娠初期のこの時期に妊娠線ができやすいのは、特に小柄な女性や痩せ型の女性に多いようです。

 

 

食欲が増大する時期

妊婦さんが食欲旺盛になる時期には個人差があります。

 

 

「食べつわり」のように、妊娠初期から食べていないと気分が悪くなるような人もいますが、多くの人はつわりの後から食べたい欲求が高まってくるようです。

 

 

このときに「赤ちゃんの分も栄養分を取らなきゃ」と考えて暴飲暴食に走ってしまうと、
必要以上に体重が増加してしまい、ひいては妊娠線の原因ともなってしまいます。

 

 

出産直前

そして、もう大丈夫だろうと安心できないのが、出産直前の時期になります。

 

 

「お腹の赤ちゃんも成長しきって、これ以上体重が増えることはない」と思っているこの時期に、思いがけずピリピリと妊娠線が体に走った・・・という女性は少なくありません。

 

 

はっきりとした原因はわかりませんが、臨月になってからならではの体質の変化や、お腹の中での赤ちゃんの動きが激しくなることが関係しているのかもしれません。

 

 

いずれにしても、万全の妊娠線予防をするなら、最後の最後まで油断してはいけないということになります。

 

 

 

まとめ

 

何も予防しなくても、妊娠線はできなかったという女性もいます。

 

 

すでに2人産んだことのある経産婦さんが、3人目を産んだ時に初めて妊娠線ができてしまったというケースもあります。

 

 

そのように個人差はありますが、妊娠線は絶対に作らない!と決めた時には、妊娠初期〜出産直前まで徹底して肌ケアを行ったほうが良さそうです。

 

 

妊娠することでの体質変化には、肌のカサつきも含まれます。

 

 

乾燥肌 = 妊娠線のできやすい状態です。

 

 

できてしまってから後悔することのないように、妊娠線クリームなどを使ったケアは
“お腹が膨らみ出したらすぐに始める” が正解だと言えます。

 

>>妊娠線 塗り方次第でクリームの効果はアップする

 


 
トップページ ノコア (nocoa) AFCマタニティクリーム 妊娠線予防 サイトマップ