妊娠線にはできやすい時期がある 後悔しない予防方法は?

妊娠線にはできやすい時期がある 後悔しない予防方法は?

 

妊娠線は絶対に作らない!

 

そう決意して始めた妊娠線の予防ケアも、何ヶ月もの長い期間続けているとダレてきて、だんだんと手抜きになってくることもありますよね。

 

 

妊娠発覚の時点からスキンケアを始めた場合、出産までの期間は短くても8ヶ月以上。

 

 

1年のうち3分の2に渡る期間お手入れを続けることになるため、やっぱり大変です。

 

 

ただし、せっかく行っている妊娠線予防が無駄にならないようにするには、手抜きをしてはいけない時期があるため注意したいところです。

 

おすすめの妊娠線予防クリームはこちら

 

 

 

妊娠線ができやすい時期って?

 

妊娠は10ヶ月間かけて行う女性の体の一大事です。

 

 

その間には、当然湿度の低い乾燥しやすくなる季節、秋冬もやってきます。

 

 

空気が乾燥する時期はお肌も乾燥しやすくなるものですが、そんなときには妊娠線もよりできやすくなるため要注意!

 

 

乾燥肌=妊娠線が起こりやすい肌なのです。

 

 

もともと乾燥肌体質だという人はコラーゲンの生成力が弱く、皮膚の断裂が起こりやすいと言われているのですが、乾燥する季節にはそれが加速してしまいます。

 

>>妊娠線の原因 | 防ぐことはできるの?

 

 

 

妊娠線予防スキンケアも基本は「保湿」です。

 

 

こちらで紹介しているような専用クリームを使うことで、潤い十分なひび割れしにくい皮膚をつくることが可能になります。

 

>>妊娠線は作りたくない!妊娠線予防クリームランキング

 

 

 

そのうえで秋冬にはより一層油断しない肌ケアを心がけるようにしましょう。

 

そうすることで、きれいなままの産後美肌が手に入り、悔いの残らない妊娠線予防を終わらせることができます。

 

 

 

妊娠中の肌トラブルは妊娠線だけじゃない

 

妊娠中の女性の体は、とにかくホルモンが安定しない状態が続くものです。

 

 

そのため肌のコンデションが落ち着かずに、いろいろなトラブルが起こってしまうことがあります。

 

 

すでに書いたように、妊娠中は肌が乾燥しやすいために、かゆみや湿疹もよく起こります。

 

 

また、体のあちこちでシミや黒ずみが気になりだすこともあります。

 

 

これは、女性ホルモンの影響でメラノサイトという色素細胞が刺激されて、メラニンの分泌が活性化されることで起こるものです。

 

 

これらの症状はホルモンがその原因なため、決定的な予防策はないのですが、対抗手段としては、やはりスキンケアが重要になります。

 

 

バリア機能が強い潤い肌は、どんな種類の肌トラブルにも対抗できるチカラを持っています

 

 

妊娠中はいろいろと悩みが多くなるものですが、スキンケアはこれがあれば大丈夫!と思えるような1本を見つけておきたいものですね。

 


私が効果を実感した妊娠線ケアクリーム “ノコア”

 

 


 
トップページ ノコア (nocoa) AFCマタニティクリーム 妊娠線予防 サイトマップ