40代高齢出産の妊娠線予防※できたら消せないと心得て

40代高齢出産の妊娠線予防※できたら消せないと心得て

一度できたら完全には消えないといわれる妊娠線。

 

 

40代で出産に挑むママさんなら、余計に気をつけて予防ケアは万全にしてもらいたいところです。

 

 

というのも、妊娠線の “できやすさ” “できてからの消しにくさ”年齢が高いほど増すものだから。

 

 

後悔しないためには、注意しすぎてし過ぎるということはないのです。

 

おすすめの妊娠線予防クリームはこちら

 

 

 

確実に衰える肌の柔軟性と代謝機能

 

妊娠線ケアでは、肌への高保湿・柔軟性・弾力の3つをキープすることが大切です。

 

 

そしてボディケアクリームで保湿は行えます。

 

 

ただ、40代ママの肌には、20代のころのような柔軟性や弾力は期待できないですから、妊娠線がよりできやすい状態にあると認識しておいたほうがいいでしょう。

 

 

また、年齢とともに太りやすくなります。

 

 

歳とともに代謝が低下するのはある程度しかたないのですが、若いころとは肉のつき方に違いがあることに気づくこともあるかもしれません。

 

 

少し油断しただけで、妊娠線が発生する最大の原因である「急激な体型の変化」が起こる可能性があるということを胸に止めておきましょう。

 

 

中年女性の脂肪のつきやすさは、次に説明しているホルモン分泌も関係しています。

 

 

 

女性ホルモンと内臓脂肪の関係

 

女性ホルモン「エストロゲン」には内臓脂肪がつくのを抑える作用があります。

 

 

そして体内のエストロゲン分泌量がぐっと減りだすのが40代、つまりメタボお腹になりやすい年代にもなってきているということなんです。

 

 

内臓脂肪はお腹の内側にたまるもの。

 

 

妊娠中は、ストレスや食べづわりなどのせいで食べ過ぎることも多いものですが、年齢要因との相乗作用でよりお腹周りに肉がつきやすいということになります。

 

 

ウエストの必要以上のサイズアップは妊娠線発生の直接の原因になりますから、できるだけ抑える努力が必要ですね。

 

 

 

40代の妊娠線が消えない理由

 

急な体重・体系の変化に耐え切れなくなった皮膚が、ピリピリと割れてできるのが妊娠線。

 

 

表皮よりも深い部分にまで傷が達すると、あとになってしまう可能性が高くなります。

 

 

真皮の主成分コラーゲンは、ターンオーバーのサイクルが非常にゆっくりです

 

 

しかもコラーゲンは40代以降になるとほとんど新しく作られることがないため、若い女性に比べて回復にはより長い時間がかかることになります。

 

 

 

40代出産の妊娠線対策には

 

高齢出産にはいろいろなハードルが待ち構えているものです。

 

 

妊娠線対策もそのうちのひとつ。

 

 

年齢的にできやすいのは確か、そして消すのも簡単ではないので、専用のクリームを用意してしっかりと予防しておきたいですね。

 

 

私が愛用し続けている【ノコアクリーム】は、妊娠線ケアにプラスして、
肌の “たるみ” “くすみ” を解消する効果を感じられるクリームです。

 

 

 

 

 

妊娠中から産後は、お手入れする部分が多くなって大変な時期ですが、信頼できる1本があると安心感が違いますよ。

 

ノコアについて 私のレビュー・詳細はこちら

 

 


 
トップページ ノコア (nocoa) AFCマタニティクリーム 妊娠線予防 サイトマップ