妊娠線予防には専用クリームが良い理由

妊娠線予防には専用クリームが良い理由

 

妊娠線予防専用のクリームには、値段が高いものが多いですね。

 

 

いざ妊娠線を防ごうと考えても、その値段のせいで手が出せずに、ドラッグストアなどで売られている市販のクリームを使うことにしたという女性も多いようです。

 

 

ドラッグストアには、1,000円以内で買えるボディクリームがたくさん置いてあります。

 

 

「肌を保湿できればいいんだから、これで十分」と考えて購入しているのだと思います。

 

 

ではなぜ、妊娠線専用のクリームは高いのでしょう?

 

 

その理由は“妊娠線はできてしまうと治らない”と言われていることと深い関係があります。

 

 

 

そのクリーム、本当に妊娠線予防に効果がありますか?

 

あなたの使っている保湿クリームが「肌のどのくらいの深さまで成分を浸透させて潤してくれているのか」知っていますか?

 

A.肌の表面「表皮」だけを潤している

 

B.その下にある「真皮」「皮下組織」にまで作用してくれている

 

妊娠線ケアを行うなら、Bの要素を持つケア製品でないと意味がありません。

 

 

妊娠線は皮膚の表面ではなく、深いところにある真皮が断裂することでできるものだからです。

 

 

表皮に比べて伸縮性が低い真皮は、妊娠中の体型の変化についていけなくなることで裂けてしまいます。

 

 

一度傷ついてしまった真皮は回復のスピードが極めて遅いため、何年経っても妊娠線が消えないということになりかねません。

 

 

予防するにしても、薄くしたり消したりするにも、皮膚の奥深くにある真皮に働きかけない妊娠線ケアは無駄になっているということなのです。

 

 

専用品は “仕組み” を持っている

 

妊娠線ケアの専用品は、妊娠線ができる仕組み、正しいケアの意味を考えて開発されたものです。

 

 

肌の深部にまで有効成分が届くように、“届けるための仕組み”が組み込まれて配合されています。

 

 

「ビタミンC誘導体」「シラノール誘導体」などが保湿成分を真皮にまで届けることで、効果的に妊娠線を予防してくれます。

 

 

もちろん値段が高ければ効果が高い、というものでもありません。

 

 

ですが、こだわって開発された専用品が多少高くなるのは、しょうがないのかもしれません。

 

 

妊娠線予防専用のクリームを使うからこそ可能なケア、というのは間違いなくあると言えるからです。

 

 

おすすめの妊娠線予防クリームはこちら


 
トップページ ノコア (nocoa) AFCマタニティクリーム 妊娠線予防 サイトマップ