30代の妊娠線ケア | 20代のとき以上に早めの対策が重要です

30代の妊娠線ケア | 20代のとき以上に早めの対策が重要です

 

 

今は女性が外に出て働くのは当たり前の時代。

 

 

仕事が楽しくて、または忙しくて結婚するのが遅くなった、そんな女性も少なくありません。

 

 

結婚年齢が後倒しになれば、自然と子供を作るタイミングも遅くなってしまいますよね。

 

 

ライフスタイルの変化もあって、30代になってから初めての子供を作る、そんなご夫婦も増えてきています。

 

 

また、2人目3人目の子供を授かったのは20代が終わってから、という女性も少なくないでしょう。

 

 

30代になってからの妊娠・出産は珍しくなくなってはきましたが、気を付けたいのは
妊娠線のケアについてです。

 

おすすめの妊娠線予防クリームはこちら

 

 

 

年齢とともに妊娠線ができやすくなる理由は?

 

 

「30代女性は妊娠線ができやすい」というはっきりとしたデータがあるわけではありません。

 

 

ですが、20代の若い女性に比べて、より妊娠線に注意すべきポイントがあるのは確かなことです。

 

 

肌の弾力性・保湿力が低くなっている

 

 

妊娠線ができてしまう大きな原因として「真皮の弾力不足」があります。

 

 

若々しい、弾力のある真皮を作るには、美肌成分コラーゲンが欠かせないのですが・・・・

 

 

年齢が進むと、どうしてもコラーゲンのキープ力が衰えてきます。

 

 

サプリや美容化粧品でいくらコラーゲンをとり込んだとしても、それを肌細胞にとどめていくことがだんだんと難しくなってくる。

 

 

ターンオーバーの周期が遅れたり、正常でなくなってくるのも30代以降からですよね。

 

 

これが年齢肌の宿命です。

 

 

脂肪がつきやすい

 

 

妊娠線は皮下脂肪が多い場所にできやすい傾向があります。

 

 

女性の場合、バスト・おなか・おしり・太ももなどの部位です。

 

 

妊娠中に、旺盛になった食欲に任せて食べすぎてしまう・・・・

 

 

その結果起こる急な体型・体重の変化は、歳をとり基礎代謝が落ちて、脂肪がつきやすくなってからのほうが起こりやすいのですね。

 

 

必要以上に大きくなった部位には、当然ながら、より妊娠線ができやすくなってしまいます。

 

 

 

予防も、治すケアも適切なアイテムを使って

 

最近の女性は、外見的にはとても若々しいですよね。

 

 

誰から見ても20代にしか見えない30代の人などもすごく増えてきています。

 

 

ただ、肌や体質の加齢変化が進んできているのは確かなこと。

 

 

やはり、若い女性以上に、早めの、そして適切な妊娠線対策が重要です。

 

 

もし妊娠線ができてしまったときも、より治しにくいのは間違いないのですから。

 

 

妊娠線は作りたくない!妊娠線予防クリームランキング

 

 

おすすめの “妊娠線を消す” ためのケアクリーム


 
トップページ ノコア (nocoa) AFCマタニティクリーム 妊娠線予防 サイトマップ