帝王切開の傷跡をきれいにできるクリームがある?

帝王切開の傷跡をきれいにできるクリームがある?

 

 

妊娠、出産を経験した女性のなかには、「帝王切開の手術跡をきれいにできないかな?」と思っている人も少なくないでしょう。

 

 

妊婦さんの5人に1人は帝王切開で赤ちゃんを産んでいるといいます。

 

 

やむなく帝王切開した場合も、数ヶ月すれば大抵は傷跡が薄くなるものなのですが・・・

 

 

これも縫合の仕方や体質によることが多いようで、出産から数年たっているのに傷が消えてくれないというケースもあります

 

 

おへその下側を切開する横切開だったなら、下着に隠れることでそこまで気にしなくて済むものの、縦切開だとアンダーヘアラインに目立つ傷が残ってしまうことにもなりかねません。

 

 

そんなずっと引きずることもある肌コンプレックスを、きれいに治す効果が期待できるクリームをご紹介します。

 

 

 

ママさんの肌コンプレックス解消にノコアクリーム

 

 

ノコアクリームはできてしまった妊娠線の“あとケア”にとても定評のあるボディケアアイテムです。

 

ノコア 公式通販を見てみる

 

 

消すのが難しいという意味では、妊娠線も帝王切開跡に負けないほど厄介なもの。

 

 

そのアフターケア用として人気のノコアを使って、帝王切開の傷に変化を感じているママモデルさんもいます。

 

 

一人目の出産のときに入退院を繰り返していて、妊娠線予防がままならなかった望月けいこさん。

 

 

急にお腹が大きくなったタイミングでお腹の痒みを感じ、気づいたときには妊娠線ができてしまっていたといいます。

 

 

そしていざ出産のときには帝王切開で産んだため、お腹に縦の切開後もできてしまったそうです。

 

 

 

 

それから2人目を妊娠。

 

 

そのときは1人目の反省もふまえて保湿ケアしていたものの、結局予防できずに妊娠線は増えてしまったとのこと。

 

 

アフターケアにノコアクリームを選んだ望月さんは、妊娠線とともに帝王切開あとの腫れや赤みにも変化を感じられていて、今現在もノコアでのお手入れを続けているそうですよ。

 

 

 

 

 

ケロイド傷が薄くなった!という口コミも

帝王切開あとの消えにくさには体質もあると言いましたが、それが「ケロイド体質」です。

 

 

メスで切開した傷は普通は線状になるものですが、遺伝やホルモンの影響などでケロイドになりやすい体質の女性もいて、傷口がケロイド化してミミズ腫れのようになってしまうこともあるのです。

 

 

デコボコしたミミズ腫れになってしまうと傷が余計に目立ちますから、女性ならどうしても気になってしまうでしょう。

 

 

ケロイド状の切開傷は通常のものよりも薄くなりにくいため、女性の悩みも深くなりがちです。

 

 

肉割れ・妊娠線も肌が凸凹になりやすいために女性を悩ませるものですが・・・・

 

 

ノコアの公式ページには、そんな傷跡が目立たなくなってきた!という嬉しい口コミが多数寄せられています。

 

 

出産にまつわる肌トラブルは、「どうせ治らないから・・・」と、あきらめて放置してしまいがちですね。

 

 

でも多くの先輩たちが効果を感じているアイテムで、以前の美肌を取り戻すスキンケアを試してみるのは無駄ではないはずですよ。

 

 

ノコア 公式通販を見てみる

 

 


 
トップページ ノコア (nocoa) AFCマタニティクリーム 妊娠線予防 サイトマップ