妊娠線ができる場所 | 胸・二の腕・お尻も要注意!

妊娠線ができる場所 | 胸・二の腕・お尻も要注意!

 

 

妊娠線を予防するときに、お腹のケアだけを行っている女性もいるようです。

 

 

確かにお腹は赤ちゃんの成長とともにどんどん大きくなるので、皮膚が伸びて最も妊娠線ができやすい場所。

 

 

ですから、重点的に予防ケアをするのは正解なのですが、お腹以外の場所にも妊娠線はできることがある、ということを知っておきましょう。

 

おすすめの妊娠線ケアクリームはこちら

 

 

 

妊娠線ができやすい場所

 

実際のところ、妊娠線は体のほとんどの場所にできる可能性があります。

 

 

妊娠による体型の変化に皮膚の伸びが追いつけなくなったとき、皮膚組織の断裂はどこでだって起こるのです。

 

>>妊娠線の原因 | 防ぐことはできるの?

 

 

そんななかで、お腹ほどではないものの、妊娠中に大きさが変わりやすい部位には、
胸・二の腕・お尻・太ももなどがあります。

 

 

これらは、もともとの皮下脂肪の量の多い場所なため、妊娠中に体型の変化が起こりやすいとされています。

 

ですから、妊娠線ができないように注意しておいたほうがいいでしょう。

 

 

お腹の中の赤ちゃんに栄養を与えるために、妊娠中の女性の体は皮下脂肪をどんどん貯め込もうとします。

 

 

そのため体全体がお母さんらしく、ふっくらと変わっていきます。

 

 

「お腹以外も大きくなってきている」ということを忘れないようにしなくてはいけません。

 

 

お腹はしっかりと予防ケアをしていたのに、気がついたら胸周りやお尻に妊娠線ができていた・・・・というケースもありますから注意が必要です。

 

 

妊娠線予防クリームなどを使った保湿ケアは、 “気になる場所はまんべんなく行う” くらいの方が間違いがないと言えます。

 

 

 

目の届かない場所はおろそかになりがち

 

 

 

日頃のスキンケアもそうですが、人は “目の届かない場所” については、お手入れがおろそかになりがちです。

 

 

女性がフェイスケアやメイクを念入りにするのは、顔が毎日鏡で見る場所であり、他人からいつも見られる場所だと知っているからです。

 

 

妊娠線の場合、お尻・足の付け根・太ももの裏・膝裏などは、目の届きにくい部分になります。

 

 

また、妊娠中期以降にはお腹が大きくせり出してきて、下腹部の様子も簡単には見ることができなくなります。

 

 

その上、その時期の妊婦さんは、身の回りのことだけでも手に余る状態になっているかもしれませんね。

 

 

ちょっと体を動かすのも大変で億劫・・・そんな状態です。

 

 

そんなことから、最初は頑張っていた妊娠線ケアが、だんだんと面倒になってきている、そんな可能性もないとはいえないでしょう。

 

 

結局ケアが中途半端になって、妊娠線ができてしまってあとから後悔することのないようにしたいものですね。

 

 


私が効果を実感した妊娠線ケアクリーム “ノコア”

 

 


 
トップページ ノコア (nocoa) AFCマタニティクリーム 妊娠線予防 サイトマップ