妊娠線の原因 | 防ぐことはできるの?

妊娠線の原因

 

 

妊娠を経験した女性のうち、半分以上の人にできてしまうという妊娠線。

 

 

妊娠線とは、「皮下組織にできた裂傷」のことになります。

 

 

見た目としては、スイカの縞模様のような線状の傷、または放射線状の傷として残ることが多いようです。

 

 

線の長さはさまざまで、数センチから10センチ以上の長さになることもあります。

 

 

そんな妊娠線ができるのには、2つの原因があります。

 

こちらもチェック
⇒妊娠線ができやすい場所

 

 

原因その1 体型の変化

 

出産が近づくにつれてお腹の赤ちゃんはどんどんと大きくなり、妊婦さんのお腹も大きく膨らんでいきます。

 

 

また、妊娠中の女性の体には皮下脂肪が貯まっていくため、体全体が丸みを帯びて、体型も日増しに変わっていくことになります。

 

 

人間の皮膚(表皮)には弾力性があるので、妊娠中の体型変化にも伸びることで対応してくれます。

 

 

しかし、皮膚の内側にある「真皮」や「皮下組織」には表皮ほどの柔軟性がないため、引っ張られることに耐えられずに弾性線維が裂けてしまうことがあるのです。

 

 

そうして、真皮・皮下組織が傷ついてしまうことで妊娠線は起こることになります。

 

 

 

原因その2 体質の変化

 

妊娠中には新陳代謝が活発になったり、ホルモンバランスが崩れたりすることで、さまざまな体質の変化も起こります。

 

 

体型の変化だけでなく、この体質の変化も妊娠線発生の原因となることがあるので注意が必要です。

 

 

多くの女性が妊娠〜産後にかけて敏感肌になる傾向がありますし、肌のコラーゲン量が減ってしまうケースもあると言います。

 

 

一番厄介なのが、乾燥肌体質になってしまう場合です。

 

 

ホルモン異常のせいでターンオーバーの周期が乱れることが原因のようですが、乾燥により皮膚の柔軟性が失われてしまうこともあります。

 

 

乾燥肌体質の人はコラーゲンの生成力も弱くなり、皮膚の断裂が起こりやすいと言われています。

 

 

 

妊娠線は予防できる

 

以上のように、妊娠による体型の変化や、体質の変化が妊娠線ができる主な原因です。

 

 

ですが、妊娠・出産した人全員に妊娠線ができてしまうわけではありません。

 

 

体質の違いはもちろんありますが、体重増加を抑えるようにしていたか?予防のための肌ケアをしていたか?などによっても、妊娠線の起こる確率は違ってくるものです。

 

 

つまり、自分の努力次第で、できないようにすることは可能だということです。

 

 

妊娠後もキレイなママでいるために、体重のコントロールとスキンケアを心がけるようにしましょう。

 

 


私が効果を実感した妊娠線ケアクリーム “ノコア”

 

 


 
トップページ ノコア (nocoa) AFCマタニティクリーム 妊娠線予防 サイトマップ