妊娠線 治すなら一番大切なのはズバリ保湿

妊娠線 治すなら一番大切なのはズバリ保湿

 

 

できてしまった妊娠線を治すために、いろんな方法で努力をしている女性がいます。

 

 

エクササイズやセルフマッサージをしたり、またはクリニックなどで、ケミカルピーリング・カーボメッド・サーマクールなどの美容治療を受けている人もいるようです。

 

 

これらの方法で、満足のいく結果が出ている人もいるかもしれません。

 

 

ですが、誰にでもおすすめできる方法かと言うと難しいところです。

 

おすすめの妊娠線ケアクリームはこちら

 

 

エクササイズには引き締め効果が期待できます。

 

 

筋肉を増やして脂肪を燃焼することで、たるみの解消には効果があるはずです。

 

 

ですが、妊娠線に影響があるかというと疑問です。

 

 

妊娠線は皮膚にできた傷跡ですから、引き締めや、マッサージでの揉み出しで消えることはないでしょう。

 

 

そして、美容整形の治療にはリスクが伴います。

 

 

ピーリングやレーザー治療は、まず患部を傷つけ、人間の持つ傷の再生能力を利用して妊娠線を解消しようとするものです。

 

 

妊娠線ができている部位は、すでにダメージを負っている状態なわけですから、荒療治によってより深刻なダメージを受けないとも限りません。

 

 

そのうえ美容整形は保険適用もされないため、かかる費用は高額になります。

 

 

誰にでもあすすめできるものではないという理由は、そこにもあるのです。

 

 

 

一番優先したいのは “保湿”

 

 

地道な長期間に渡る作業にはなるものの、安全で根本的な妊娠線ケアの方法は、やはりスキンケアだと考えています。

 

 

スキンケアの基本であり、一番優先したいのは、妊娠線ケアにおいてもやっぱり「保湿」です。

 

 

お風呂上がり、まだ肌が瑞々しいタイミングで、水分を閉じ込めるように保湿クリームを優しく塗りこんでいく。

 

 

毎日これを繰り返していけば、肌は十分な水分を保つようになって活性化されて、正常なターンオーバーが促されるようになっていきます。

 

 

肌の奥のほうが傷ついてしまってできている妊娠線ですから、簡単になくなることはないでしょう。

 

 

気にならない状態になるまでには、長い年月が必要になるかもしれません。

 

 

ですが、諦めなければ改善はできます。

 

 

根気強く丁寧なケアを続けていけば、肌は必ず応えてくれます。

 

 


私が効果を実感した妊娠線ケアクリーム “ノコア”

 

 


 
トップページ ノコア (nocoa) AFCマタニティクリーム 妊娠線予防 サイトマップ